お金が必要になったとき、必ず「日雇いバイト」を即日申し込んでいます。
日雇いバイトならスグ勤務ができますし、即日にお金がもらえますからね!

 

  • お金がなくて、財布や貯金がヤバイ!
  • 即日勤務できるバイトを探してます。
  • 明日は1日ヒマで予定がなにもないなぁ…
  • 面接や説明会に参加するのメンドウだ
  • バイトが見つからなくて困っている

 

そんな時、僕は日雇いバイトを探してサクッと1万円くらい稼いでいます。

 

ネットの求人サイトなら、今日探してすぐ応募できますし、即日働くことが可能です。
面接なし・履歴書不要など手間がかからず、すぐにバイトが見つかります。

 

こちらに、日雇いバイトに強い検索サイトを紹介しますので、興味があれば検索してみて下さい。

 

日雇いや日払いのバイト募集が急激に増えるシーズンがあります。季節や業界によって、一時的に求人の需要が増加する時ですね。

 

具体的には、大型連休の時期が日雇いバイトの求人が盛況です。年末年始、お正月、GW(ゴールデンウィーク)、夏休み・シルバーウィーク・・・など。
観光やレジャーシーズンは、特定のスポットに大勢の人が集まります。飲食店(フード系)、イベントやアミューズメント系のお店ですね。大型連休には休みに入る人のいるので、従業員の人数が足りず臨時のスタッフをバイトで募集するのです。

 

また、業界によって繁忙期というものがあります。忙しい時期だけ日雇いでバイトを採用するのもよくあるケースです。春先は新生活準備で引越しや運送業が大忙し。海の家は夏休み期間だけですし、年末年始は市場やスーパーがメチャクチャ混雑します。

 

さらに、イベントの関係してバイトの機会が増えます。クリスマスやハロウィン、バレンタインなど、大きなイベントが近づくと関連する商品やグッズのお店、飲食関連の業種がスタッフ不足に陥ります。

 

そんなときに活躍するのが、私達のような日雇いバイトの人達です。基本的に1日単位なので、採用する側も必要なときだけお願いできるので募集しやすいようです。

 

日雇いバイトを上手に探すなら、こうした時期を逃さないようにしましょう。

そもそも、働いている人が日雇いバイト中心という職場も多々あります。

 

例えば、倉庫や工場の軽作業員。継続的に勤務している方もいますが、日雇いバイトで働いている人も圧倒的に多いです。初めてやる仕事でも簡単なのでスグ覚えられます。

 

経歴やスキルも特に必要ないので、面接なし・履歴書不要でも大丈夫です。勤務日や勤務時間のシフトも自由に決められて、日雇いでは働きやすい職場だと言えます。

 

その他にも、運送業(引っ越し含む)や建設現場(建築現場)、試験監督や採点の仕事、事務やデータ入力にも日雇いでできるバイトが存在します。

 

多種多様な業種で日雇いバイトを募集してますので、気になる仕事チャレンジするとイイですよ!

やりたい時だけ働ける日雇いバイトですが、メリットがたくさんありますので、ご紹介します。

 

やりたいときにスグ働ける!

日雇いバイト最大のメリットは、自分の働きたいときだけ選んで、すぐバイトできることです。契約の単位ば1日ごとなので、明日だけとか○月○日だけ、といった自由な働き方ができます。週1回でも、月1回でも問題ありません。
前日に応募して翌日仕事ができますので、お金がほしい時だけバイトするスタイルでもOKです!即座に申し込み、すぐに勤務できるのが日払いバイトの魅力です。

 

すぐお金にはる(即日・即金)

働いてからお金(給料)をもえるタイミングが早いのも、日雇い人気のヒミツです。通常のバイトは月給制で、締め日があってさらに翌月末に支給…という感じですが日雇いはもっと早いです。即日払いなら働いた当日、あるいは翌日には給料ゲット。しかも、現金払い(手渡し)で直接キャッシュが受け取れることも!ただし、日雇いといっても給料支払いの条件はいろいろあるので、事前に確認することを忘れずに。

 

面接がない、履歴書が不要

飲食店など長期のバイトは、採用前に面接で合格しないといけません。でも、この面接が嫌い!という方、かなり大勢います。その点、日雇いのバイトは面接なし・履歴書の低主婦も不要という条件で採用になるケースが多いのです。ネットで応募して即日勤務もあるので、面接している時間もありませんからね。また、日雇いは「登録制」というシステムで採用されるものもあります。登録制バイトは、最初の一回だけ人材派遣会社の説明会に参加し、ここで軽い面接があります。でも、不合格になることは少ないですし、その後は適した日雇いの仕事を紹介してくれるので、やってみる価値はあります。

逆に、日雇いバイトにもデメリットや弱点も存在しますので、理解しておくといいと思います。

 

その都度、新規でバイトに申し込まないといけない

日雇いバイトは単発の契約なので、1回やったらその仕事は終了。次に働きたくなったら、再度ネットなどで応募しないといけません。面倒といえば面倒ですが、ネットで応募すれば手続きは簡単ですし、サイトの会員登録を済ませておけば、個人情報などは何度も入力せず、申込みの処理だけで時間や手間はさほどかかりません。

 

その日の給料がもらえるとは限らない

給料の支払いは、必ず事前に確認すべきです。日雇いバイトでも、即日現金でもらえるとは限りませんので。それでも、月収のバイトよりも相当早いペースで給料がもらえますし、即日払いのバイトだけやることもできます。どうしても、その日にお金が必要なら、当日現金払い(当日手渡し)といった条件のバイトを選びましょう。

 

1日で仕事になれるのは難しそう…

ご自身で「仕事を覚えるのが遅い」とか「要領が悪い」と心配する方もいますが大丈夫です。日雇いバイトでは、工場のライン工のうように単純作業の繰り返しであることがほとんどです。ちょっと教えてもらえば簡単にやり方を習得できます。また、マニュアルが用意されていたり、一緒にやるバイトの人を真似るだけで、その日のうちに立派リ作業することができます。

 

日雇いのイメージが悪い

日雇いバイトと言うと、昔の「日雇い労働者」など良くないイメージを持たれるかもしれません。「日雇いのバイトしてるよ」「エッ??」といった感じでしょうか?しかし、これも短期のバイトを日払いやっているのと同じですので、あまり気にしなくてよいです。日雇いバイトより、具体的な職種(軽作業やってるよ、とか)で説明しましょう。